転職経験者の転職失敗事例!転職を成功させるための方法とは?

「今回の転職は失敗だったかも‥。」

転職をしたからといって、必ずしもそれが成功だと言えるとは限りません。

転職をした人の中には、転職に失敗して後悔をされた方もいることでしょう。

では、どうすれば転職を成功できるのか。

転職を繰り返さないためにも、転職に失敗してしまう原因や転職を成功しやすくする方法までご紹介していきますね。

転職に失敗したくないという方はぜひご覧ください。

転職に失敗してしまうのはなぜ?原因や理由は?

まずは転職に失敗してしまうのはなぜなのか、原因や理由について探っていきましょう。

転職の失敗事例を調査してみたので、いくつかご紹介したいと思います。

失敗事例1.転職前の調査が足りなかった

転職に失敗してしまった事例の1つ目は、転職前に調査が足りなったということです。

調査が足りないとどのようなことが起きるのかというのは、以下のとおりです。

  • 求人情報の内容と実際に働いてみてからの内容が違っていた
  • 将来的に考えたら不安な企業を選んで転職をしてしまった
  • 転職をしてみたけど自分には合っていない職業だった

このように、調査不足で転職後に失敗や後悔をしてしまう場合があります。

ですから転職をする前には、念入りに情報収集をしてどんな企業なのかをある程度把握しておきましょう。

失敗事例2.給与や年収だけを見て決めた

2つ目の転職失敗事例は、給与や年収だけを見てその他の条件をきちんと確認していなかったということです。

転職先を選ぶ時の条件は人それぞれだと思いますが、給与や年収の高さを優先し過ぎて転職に失敗してしまうケースもあるようです。

給与や年収だけでなく、それ以外に自分が望む条件などもきちんと確認しながら転職先を探すようにしましょう。

失敗事例3.現在の環境から逃げるためだけに転職

3つ目の転職失敗事例は、現在の環境から逃げるためだけに転職をして失敗したというものです。

前職での自分の立場が嫌になったからといって、転職をしたらすぐに解決するわけではありません。

例え違う転職先へ逃げても、そこでまた辛い思いをしたら転職をするということを繰り返してしまうかもしれませんよね。

ですから将来やキャリアを考えての転職ではなく、逃げるためだけの転職は結果的に失敗してしまうのです。

失敗事例4.家庭と仕事の両立をするために転職

転職の失敗事例の4つ目は、家族や仕事の両立のために転職をしたというものでした。

女性の場合は仕事以外にも家事や妊娠・出産などがあるので、家庭と仕事を両立するために転職を考える人もいるようです。

また、「勤務時間の待遇が良い職場で働きたい。」という理由から転職を考える人もいます。

しかし、実際には自分の希望に沿った仕事をなかなか見つけられないということもあり、転職に失敗してしまうようです。

失敗事例5.能力やスキルが足りない

転職の失敗事例の5つ目は、自分の能力やスキルが足りないことによる失敗です。

自分のスキルに見合っていない職場を選んでしまって、転職に失敗してしまうことがあるようです。

自分がどのくらいだったらできるのか、自分の能力やスキルの高さを把握しておく必要がありそうですね。

また、どうしても諦めきれない仕事があるのであれば、その仕事に合った能力とスキルを上達させてから転職を出直すという方法もありますよ。

転職理由と転職の失敗には関わりがある?

では、転職理由と転職の失敗には関わりがあるのでしょうか?見てみましょう。

転職理由が定まっていないと転職に失敗しやすい

転職を考えた時に、転職理由が定まっていないと転職が失敗に終わってしまうことがあります。

転職理由を頭の中で、一度整理しておく必要がありそうですね。

次の転職先はどんなところがいいか、そしてなぜそこに転職をしたいのかなど、自分の中で考えをまとめてから転職先を探してみましょう。

自分の能力やスキル不足による転職

自分の能力やスキル不足による転職でも失敗してしまう場合があります。

「自分がやりたい仕事は自分の能力やスキルで行える仕事なのか。」

それをきちんと把握しないまま、ただ興味がある仕事だからとか、前からやってみたいと思っていたからという理由で転職をしてしまうと、仕事についていけず失敗してしまう危険があるのです。

転職をする前に明確にしておくべきこと

転職をする前に明確にしておくべきことは、転職理由です。

転職理由によって、その先の転職が成功するか失敗するかというのが変わってくることが分かりましたね。

なぜ転職をしたいのか、転職理由をある程度固めてしまってから転職先を探してみましょう。

転職を成功させるための方法は?

最後に、転職を成功させるための方法をご紹介していきたいと思います。

転職を考えている方は、ぜひ試してみてくださいね。

転職をする前の情報収集をおこたらない

転職を成功させるための1つ目の方法は、転職をする前の情報収集をおこたらないことです。

転職前の情報収集をおこたってしまうと、転職をした後に

「実際の職場での条件や待遇が、募集内容に書いていたものと違った。」

「転職先で楽しく仕事をしているイメージをしていたけど、いざ入ってみたら人間関係が悪くて居心地が悪かった。」

などと、後悔をしてしまいかねません。

ですが転職先の情報収集を念入りにしておくことで、転職を成功へと導くことにつなげることができますよ。

転職の情報収集は本当に念入りにしましょう。

※女性限定!女性のための転職サイト!あなたのその転職応援します!

上記のサイトも、情報収集で使えるおすすめのサイトです。

※女性限定なので注意です。

転職理由を定めて明確にする

しっかりと転職理由を定めて明確にするのも転職を成功させるために必要なことです。

  • なぜ前職を辞めることになってしまったのか
  • 前職を辞めようと思った理由
  • 転職先では自分がどうなりたいのか
  • 転職先で自分は何がしたいのか

これらを自分でよく考え、転職にのぞんでみると転職が失敗するリスクを下げることができますよ。

しかし、「転職先は年収が高ければどこでもいいや。」

「いまの職場から違う職場に変われるなら、どこの職場でもいいかな。」

そう思って転職をしてしまうと、転職に失敗しやすくなります。

転職理由をきちんと考えて、考えがまとまったら転職先を探してみてくださいね。

転職の時期を見極める

転職を成功させるには、転職の時期を見極めることも大事になってきます。

ですから転職をするなら、1年の中でも求人が増加しやすい、春や夏がベストと言えますよ。

求人が増えれば増えるほど幅広い職種の中から転職先を選ぶことができますし、採用してもらえる確率も上がるかもしれません。

転職の時期も意識しながら転職活動を行ってみましょう。

まとめ

今回は転職が失敗してしまうのはなぜなのか、転職を成功させるための方法などについてご紹介してきました。

転職に失敗してしまった経験のある方もいれば、転職に失敗しないようにしようと慎重になっている方もいると思います。

どうせだったら、自分にピッタリの職場に転職をしたいですよね。

転職に失敗しないためにも、転職をする時の注意点などに気を付け、ぜひ転職を成功させてくださいね。